むちゅう

by WhaleBeats

/
  • Streaming + Download

     

1.
01:42
2.
02:35
3.
02:42
4.
03:08
5.
03:13
6.
03:15
7.
03:15
8.
9.
02:45
10.
01:59
11.
02:52
12.
03:51
13.
02:52
14.
15.

about

いつのまにか "むちゅう" に

credits

released September 6, 2015

Produced by WhaleBeats
Lyrics by WhaleBeats
jacket by Anri

tags

license

all rights reserved

about

WhaleBeats Japan

making music in Japan

contact / help

Contact WhaleBeats

Streaming and
Download help

Track Name: sea
instrumental
Track Name: たまご
晴れが○で 雨が×
じゃつかないよ 答えにハナマル
輝きの中にある
新鮮がいまヨミガエル
これが全てこの瞬間
おれとキミだけだよ?この空間
仲良くデート?目をつぶって?と
言われたけどキミごと飲み込んだ
無邪気に遊んでた あのとき
でも楽しいのは いまこのとき
花が揺れて むしのしらせ
風の中で メモる詩だぜ 
くじらさんが飛び跳ねる
嫌いを好きに塗り替える
温めてくれた 皆の心で
ヒビわれた 白いたまごです

※HOOK
たまご何のたまごだ
たまご何個だ

なにがあるか分からない
大きな夢 でも笑わない
空回り 無理はしない
いつもどおり飾らない
滑舌わるくて(舌が)回らない
女性には頭が上がらない
猪突猛進 曲がらない
求めている 輝いてるLIFE
have have a nice day
となりで落とすバニラアイス
溶けて集まる アリやばいす
借りたかりは倍で返す
自販機10円 釣りがない
死んで くれとかは言わない
殻からでるの まだかな
時間がかかる まだまだ

※HOOK
Track Name: むちゅう
今日はすがすがしく 晴れ渡る
待ちわびた風で感じる春
道歩き 横断歩道渡る
青信号から赤信号 変わる
間に合わずに 立ち止まる
前向いて 考えて黙る
オレ以外の他人と自分
それぞれの時間 いまの気分
入り混じって 回る地球
不安は膨らみ しぼむ気球
心を点火 したら ほら 変化
のぼりはじめるのさ 雲の中
最初は持ってない自信なんて
でも諦めない しないメガンテ
やさしいきもちと思いやり
人間らしさ そこにアリ

※HOOK
現実がいま 楽しめるヒント
落ちてるさ 目の前にきっと
あなたが感じている その世界
オレに 教えてくれないかい

パっと浮かんでは消えるリリック
気分転換 夕焼けを見に行く
誰かが書き込む あの人の皮肉
よりも食べたいね焼肉
大したこと歌ってねーけどさ
これがオレの意思表示なのさ
んー なんか気にくわないの
それで何が言いたいの
よくない バカじゃない うざいダサい
よりも いいね でも、ここはこうしない?
その意見 眉間のしわ消した
ありがと自分まだ未熟でした
気が付いたら ひとつ扉ひらいて
次なる壁 分厚いけどたたいて
何かにむちゅう なれる幸せ

※HOOK
Track Name: river
instrumental
Track Name: 今夏
※HOOK
さまーでい 雲と太陽が追いかけっこ
さまーでい 黒く焼けた肌が物語る

街路樹から降り注ぐ
セミの声が始まりの合図
夏は自由 問題なし
ビールでも飲もう とりあえず
木々の緑も深まり
笑顔で咲いてるヒマワリ
街灯にとまるカモメが
俺らを見下してるように鳴く
ってこれまあ気のせいなのかな
糞が落ちてくる気のせいじゃないw
川沿い行ったあの曲がり角
にあるぼったくりのあの駐車場
夕方渋滞する134
眺める歩道橋 ビーチサンダル
遠くの江ノ島 かすんでる
海沿いBBQ 騒いでる
それぞれ楽しむ この時間
上から照らす日差しが
熱をもつこのアスファルト
よりも熱い この音の鼓動

※HOOK
Track Name: My flower
なんと言えばいいのか 未だに分からないが
君の笑顔に何度も 助けられたよ
大切な仲間と 笑う姿 パノラマ
同じ風を感じあった 夕日みて語り合った
夢は無くならないから いつまでも追い続けろ
先が暗く不安でも 進め自分 思う方
年を重ね いつの間にか うつむいていた俺たちが
歩く道の先で待つ 1輪の花

向かい風 でも飛べる 勇気もって進めばね
空に浮かぶ雲のように 消えていく この言葉
流れ ながれ 流れて どこまで届くのかね
笑顔 が 幸せ 呼ぶ声 聞こえますか?
今を生きていれば何か 悩むこともあるだろうが
前向いて進め 前向いて進め
Track Name: 4649年
緑に覆われた 世界の中
錆びて朽ちていく車
の中で 休んでいるトカゲ
大木の木陰 吹き抜ける夜風
自分勝手な人間たちは
自滅して勝手に消えた
この声には 宿らない魂?
雲から涙 笑うカタツムリ
好きな子とデート してたあの子
気が付けば夢の中 奥のほう
ほおばるマフィン 香るコーヒー
忘れられた 消え去った飛行機
この鼓動 一瞬で消える
後悔なんて する暇もなく
破壊と破壊 負けず再生
でもホシゾラ 今宵は快晴

※HOOK
人々は土に戻って
その場から花開いて
生き物たちの楽園
前よりずっと青くねー?

自分で 首を絞めている
それを誰か人のせいにする
誰もいなくなったあの部屋は今
ネズミの王国 なくした道徳
澄んだ川 流れる海へ
消し去ってくれあのときの思い出
魚ものびのび 楽しそうに
あれ今日って昔の何曜日
ダムに集まる 水鳥の群れ
シカたちはますます増え続け
消えてく植生 枯れた沢の水
でもこれが自然のながれだ
あいた隙間は 誰が埋めるのかな
空き地で咲いてる オシロイバナ 
咲いて実を結び 子孫繁栄
そこにはいらない 上下関係

※HOOK
Track Name: こがねいろ
※HOOK
遠くまで 伸びる影
時間の行進 夕焼け
浮かび上がる シルエットを越え
進むよ ただこの目の前
実り 恵み このありがたみ
ビートにノリ ありのままに
歩こうか この地 消える前に
あの陽 沈む おかえり

いつの間にか 涼しい風
鳴き声だらけ 虫の声に
包まれながら 歩く小路
ビートに綴る 奥の細道
水路の周り キクが咲き乱れ
近づくと イナゴが跳び跳ね
平凡な景色 今は黄金色
染めてくれる この世界も?
季節の進み 物語る景色
風の流れ まとう錦
澄んで高くなる空
今日も知らん顔する 太陽は
片思い 山が染まる頃
帰ろう カラスが飛ぶ方
夢がみれるのって?
なぁ やっぱり My home

※HOOK

部屋の奥まで差し込む光
突き刺さる 心の奥に
このままでいいのかな?
自然を食いつぶす 俺ら
太陽の光で月が光る
その月みて うさぎが笑う
鶴は千年 俺らは何年?
経てばまともな頭を なんて
いってたあの日から変わりない
爺ちゃんが言ってた 川はもうない
あの池 埋め立て すすんだ開発
その上で生きてる 俺らの生活
折れても根をはる 柳のように
力強く 越えてく この窮地
悩んで考えて 日々精進
やっぱりよくない 意気消沈

※HOOK

棒の先に止まれない
赤とんぼみたいに せわしない
時間は一定に流れているのに
人生 一回だって知っているのに
楽しめない? なら はいリセット
でも 巻き戻せない カセット
踏み出すとき 誰でも おっかねーよ
後押しする 絨毯 こがねいろ

※HOOK
Track Name: Good Day
instrumental
Track Name: pleasant
自由気ままに 今を駆け抜ける
薄暗い世界 俺が いち抜ける
好きなように 弾けてみよう
なんでも適当に 叩いてみれば
気持ちが このリズムに豹変
退屈なんて もったいないぜ
しかめっ面のおじさんも
我慢できず ビート刻んだ
木々も揺れる音の風の中
虹色 小鳥の広がる輪が
いま舞い上がる 音とコトバが
楽しさ全快 いまこの場が
手を叩き 音を響かす
上空 明るい 光がさす
君が嫌いなあの子も踊り
世界中 円描き 動きだす

綺麗な声で鳴いてる小鳥
悪口を言ってるかも俺に
的なマイナス思考は ポイ捨て
いいんだよ? このおんがくに恋して 笑
じいちゃん ばあちゃん お子ちゃままで
楽しめるリズム 作りたいだけ
暗い顔したあの人を
笑顔にできたら最高じゃね?
楽しむ? 楽しまない? この人生  
素直になれない 大人が大勢
思い思いに 演奏してみれば
小さな悩みは ぱっと消えた
手を叩き 音を響かす
上空 明るい 光がさす
君が好きなあの子も踊り
世界中 円描き 動きだす
Track Name: ホシゾラ
輝いている夜空見上げる
目を瞑り おもいをはせる
あるだろきっと俺が知らない
君の秘密は別にきかない
明かりが灯るそれぞれの部屋には
大切な空間が
自分以外 他は他人
同じ人間で違いはナニ?
「マチガイナイ」が間違いだらけ
間違いだらけは「マチガイナイ」が
それが人間の証さ
Track Name: ふゆ
今年もこの季節がやってくる
冷たく 乾いた風が吹いてる
仕事の帰り道 向かう駅
なんとも言えない この気持ち
人にはある 向き不向きが?
押し付けなんてごめんだ
なんかすべてが不満になってく
だだをこねる 子どもになってく
怒り妬みはくしゃくしゃに丸めて
曇った空に投げ捨て 下向いてたら
いつの日か 見たことのある
景色 さまよう 太陽の笑い声

※Hook
あっというま 過ぎ去ってく
中で俺らはイキガッテる
笑いのカゲに 涙があり
心配ばっかり かけてわりーな
あっという間 過ぎ去ってく
中で俺らは好き勝手
できずに 日々もがいてんだ
今のこの先 こじ開けんだ

トナカイのほうが好きな俺には
何もくれない 期待はしないわ
誰もいなくなった 浜辺で
ただただ打ち寄せる この波
風に耐えて伸びるクロマツは
無駄口はいて 進めないクジラは
怒り妬みはくしゃくしゃに丸めて
曇った空に投げ捨て 前向けば
いつの間にか紙飛行機
になって 浮かぶよ青い空に

※Hook

どうせただの綺麗事だろって
言われても俺は笑い転げて
まとわりつくもの全て脱ぎ捨て
その時、生まれ変われるかもね
この先 どおすりゃいいか
ないのかもね 対等な立場?
邪魔者なんて叩き潰して
目の前の壁を壊して
一緒に越えられるかな

※Hook
Track Name: 涙のあと
いいたいコトがあるんだよ
たくさん感情が邪魔して
なかなか思い通りいかない
批判はきかない
あのとき言った 言葉は
嘘だったかもな
どこかに消え去って
しまいました
無くなったものは見つからず
冷たい対応 悪しからず
過ごした日々 忘れることが
できるのなら 皆楽かもな
何が正解 不正解で
誰も 教えてはくれないね
何が正解 不正解で
誰も 教えてはくれないね

※HOOK
笑顔の太陽 悲しみの雨
育て大きく 芽生えの種

あなたとぼくは他人同士
分かり合えない んーブーシット
おれのこの幼稚なキモチ
抑えられないこのイノチ
しょうもないよなこんな歌
見えないとこで少し泣いた
すれちがった気がした この間
2015はじめ とつぜんの別れ
お先にって旅立って
最後に聞こえた楽しかった
それに救われたんだ
うたいたいのは 楽しむSong
長い夜越えて 笑う太陽
上まで届かす この声を
聞こえてますか くじらだよ
お互いふざけあって爆笑
金・仕事・悩み? 楽勝
最後に言わせてあのさ
ありがとさん

※HOOK
Track Name: おやすみなさい
お月さまが見守る 優しい
光浴びて 眠るこの街
ひつじさん数えるくじらさん
今頃 夢みてるお日様
今日も一日お疲れ様
この声 その耳にこだま
さびしくないよ ここにいるよ
だからほらゆっくりおやすみ
泣き止んだ あの子はいま
お母さんの 腕の中
虫さんもほら 気をつかって
鳴くのは ちょっと我慢だって
寝れない夜を過ごす 少年
横でお座りする 柴犬
言葉は分からないけどきっとさ
同じこと考えてるのかな

おやすみなさい おねんねする時間
気が付いたら ゆめのなかで  
おやすみなさい おねんねする時間
じゃあね また明日~
Track Name: TWITTER NO OJIKI -WhaleBeats Remix-
【diz】
ツイッターツイッター
みんなそればっか

古着のスタジャン
羽織ってツイッター
おしゃれな格好してまで
ツイッター
ツイッター ツイッター
エゴサーチ ベサチ
ツイッター ツイッター
悪魔のささやきツイッター
ツイッター ツイッター
くだらないことツイッター

【メガネ】
ツイッターツイッター
みんなそればっか

MATCH飲みながらツイッター
街中でやるツイッター
職場の休憩ツイッター
戻ってきたら
スクリーンセイバー
ツイッター ツイッター
フレックス ツイッター
ご飯の写真 ツイッター
おいしかったな ツイッター

【WhaleBeats】
ツイッターツイッター
みんなそればっか

おはよう おやすみツイッター
気づけば 寝付イッター
おはよう おやすみツイッター
あの時は 嘘ツイッター
おはよう おやすみツイッター
おれのキモチ運べないツイッター
おはよう おやすみツイッター
キミのキモチも知らない追ッター
おはよう おやすみツイッター
目的地まだだけど 着イッター
おはよう おやすみツイッター
1+1=2イッター
おはよう おやすみツイッター
馬鹿の一つ覚えさ付イッター
おはよう おやすみツイッター
キミのハートにオレ食いツイッター